院内設備‎ > ‎

機器

 
~ 機器のご紹介 ~
当院では充実した設備で、診察に対応させて頂きます。

超音波スケーラー
超音波の振動によって歯石を低刺激で除去します。
 
 
 
 
 
電気メス
電気の力によって止血をしたり、切開したりします。
 
 
 
 
 
 
高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)
内部を高圧にして細菌などの病原体を滅菌します。
手術などで使用する鋼製器具を滅菌します。
 
吸引器(サクション)
液体を吸引する装置です。手術で血液を吸い取ったり、おなかを洗った洗浄液を
回収する為に使います。内視鏡でも活躍します。

 
 
 
 
ガス滅菌器
オートクレーブで滅菌できないようなプラスチック、チューブ類などをガスによって滅菌します。
 
 
 
 
 
麻酔器
酸素と吸入麻酔薬を混合し、麻酔をかける装置です。手術の状況を逐一判断しな
がら、酸素濃度やガス麻酔濃度を調整して使用します
 
 
 
 
シリンジポンプ
微量で点滴したいときに使用します。
子犬・子猫や体重が軽い子用に正確に少ない量を点滴します。 
 
輸液ポンプ
点滴が必要な動物に使用します。手術中や入院管理に使用し、入院患者が多いと5台~使用することもあります。
 
 
 
 
生体情報モニター
安全に麻酔の維持、管理をするために、麻酔時の生体情報モニターとして活躍します。

●炭酸ガス濃度(ETCO2)
●麻酔ガス濃度
●脈波・動脈血酸素飽和度(SPO2)
●心電図(ECG)
●血圧(BP)
●体温(TEMP)
温水マット・ポンプ
暖かい温水が循環することによって、動物を温めます。手術中の動物の体温低下防止に使用します。 
 
 
 
 
 
 
 
ハートソナー(食道聴診器)
全身麻酔時に食道にチューブをいれて心臓の音を確認します。術者が手術中に集中しながらも、生体の麻酔深度、血圧の変動をスピーカー音で把握できます。 
 
 
 
電子内視鏡システム
食道、胃、十二指腸、空回腸、大腸にある病気を調べるための検査に活躍します。
中毒物質の誤飲や異物を誤食した場合の摘出に用います。
また、レントゲン検査やエコー検査、血液検査で原因が分からない場合など、内視鏡を用いることで体内を開腹せずに肉眼で確認することができるので、微細な変化を発見することが出来ます。
 
 
 
クリオプローブ(凍結治療器)
小さなイボを安全に取るために使用します。高齢で麻酔が心配、小さくて手術するほどではないという場合に活躍します。
 
 
 
超音波洗浄器
手術器具などの鋼製器具を超音波の力を使って細かな汚れまで落とします。 
 
 
ドライケム(血液化学検査機器)
全身 
 
 
 
血球計算機
全身 
 
 
 
レントゲン撮影装置
全身 
 
 
 
デジタルレントゲン装置
全身 
 
 
 
遠心分離器
尿検査や血液を分離するために使用します。
 
 
 
 
 
顕微鏡
尿検査や糞便検査、皮膚の検査などオールマイティーに活躍します。
 
 
 
 
 
検眼セット
これらの道具を使用して目の検査を実施します。
シルマー試験紙・・・涙の量を測定してドライアイを診断します。
 
フローレス試験紙・・・角膜の傷を色をつけて発見しやすくします。 
ビデオオトスコープ(電子耳鏡)
テレビの画面に拡大して映し出すことが出来るので診断能力がアップします。飼い主様にも見てもらい、耳の中の異常を確認していただけます。
通常の耳鏡もあります。 
 
 
簡易血糖測定器
糖尿病の定期健診や低血糖を疑うときに迅速に血糖値を測定できます。 
 
 
 
 
 
電子秤
粉薬を正確に測る時に使用します。 
 
 
 
 
 
 
分包機
薬をひとつひとつ袋に入れる機械です。これで衛生的に薬を処方することができます。 
 
 
 
 
 
ICU装置
酸素、湿度、温度を調整できるケージです。心臓や肺が悪い入院患者に使用します。